忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

南河内万歳一座で、折込しましたっ。

今日は、本チラシに先行して、配布している仮チラシのバージョンアップバージョンを、

今週からザ・スズナリで劇団30週年記念公演をする南河内万歳一座に織り込んできました!!




実は、この南河内万歳一座は、ワタクシE-RUNの演劇の原点なのであります。

万歳の『唇に聴いてみる』の上海公演と北京公演で、お手伝い(なんと出演した!)をしなかったら、

今の私はない!!

この作品に触発されて、私は北京で、自主公演を始めたのです。

そして、そして!!!

なんと、E-RUNと樋口のさいっしょの出会いっつーか、

知り合うきっかけになったのも、万歳の制作さんのおかげなんですよ。

ってことは、万歳なしでは、[〇]a"lone" ロン の公演はなかったということです。

ということで、番外のお知らせします。

南河内万歳一座
30周年記念作品
「夕陽ケ丘まぼろし営業所」
東京公演

【会場】ザ・スズナリ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 TEL:03-3469-0511

【日時】2012年6月27日(水)〜7月1日(日)

 
6/27
6/28
6/29
6/30
7/1
 
(水)
(木)
(金)
(土)
(日)
15:00
 
 
 
19:00
 
 
 
 
19:30
 
 

 

【チケット取扱】
チケットぴあ(Pコード420-115) 0570-02-9999
ローソンチケット(Lコード32585)0570-084-005
劇場電話予約 03-3469-0511
万歳メール予約

さぁ!!

そして、[〇]a"lone" ロンの素敵な仮チラシもお見せしたいのですが、
私にはPDFをJPEGにする技がない・・・・。

もうちょい待っててください。

デザイナーさんにおねがいします。
PR

上演台本完成間近!!

昨日の雨すごかったですね。

今日の東京は青空ですが、まだまだ土砂災害など、気を付けなければなりませんね。

さて、そんなお天気注意報ですが、

正直、私の心は晴れ晴れです!!

と、いうのも、昨日漸く、翻訳原稿と上演台本のすり合わせが終わりました!!

今回、私は、初めて広東語の翻訳に挑戦したわけですが、

広東語って一つの言葉で、実にいろいろな表情を醸し出すんですよ。

稽古で俳優さんが、自分の言葉として、言霊を吹き込むためには

翻訳の段階では、白いキャンバス(よくある表現で、嫌なんですが)をしっかり作らなきゃならないと思うのですよ。

そして、そこに演出家が、線を描き、俳優が色を塗っていく。

あぁ、白々しい表現だな、これ。

でも、とにかく、俳優の肉体に、その言葉の一つ一つを構築して欲しいなって思うんです。

さぁ、私のお仕事は終わりました。

本番で、この言葉にどんな息が吹き込まれるのか、楽しみでなりません☆

亜希子さんと健介さんに期待してます。

ガァヤウ(加油!!)


やまざきりえこ

制作作戦会議

今日は、初めて制作陣総揃いの打ち合わせを行いました。

まずは、事務的事項の申し送り。

そして、本チラシの決定。

宣伝美術の岸本氏からはチラシが3案出てきました。

どれもこれも素敵なのですが、その中から、がんばって一つを選びました。

7月中旬あたりから、出回るかと・・・・。

本日は、お蔵入りになった、作品をご紹介・・・。

と、思ったらPDFファイルはアップロードできませんでした。

ごめんなさい。

やはり7月中旬をお待ちくださいませ。

チラシ撮影

仮チラシ、ちゃんと見て戴けてるようで、嬉しいです。

そんなに出していないのに、「見たよ」って言ってもらえると、

本チラシ作成に、俄然気合が入ります。
 
そして昨日は、気合入れながら、本チラシ用の撮影をしました。
 
因みに、今回、ご出演いただくのは、内田健介さんと内田亜希子さん、Wウッチーでございますが、単なる偶然です。
 
男性ウッチー、健介さんは、演出の樋口が、彼女の書いたラジオドラマを読んでいただき、一度はお芝居でご一緒させていただきたいと思っていた役者さんです。
 
女性ウッチー、亜希子さんは、演出の樋口が、柿食う客の『女体シェークスピア』シリーズを見て、一目惚れしてお願いしました。
 
とにかく、飛び切りの美女でして・・・
 
今日は、お写真撮る際に、カメラマンの岸本(草食男子)はモトより、
演出の樋口(アラフォーオヤジ系女子)、ヘアメークを手伝ってくれた二宮さん(20代セレブ女子)、そして、私E-RUN(アラフォーおばちゃん系女子)がみんなニヤニヤしておりました。
 

美人って人を楽しい気分にさせるんだなと。
 
今まで、男前の効能は知っておりましたが、ペッピンさんの効能も実感させていただきました。
 
さぁ、どんなチラシが出来上がりますか。
 
乞うご期待!!
 
ちなみに、私事ですが、今日は、新国立劇場の『サロメ』を見ました。
麻実れいさんの女王ぶりが、素敵でした♪

たぶん麻実さんの前世は女王様ですな。

あんなにふつーに女王できる人いないんじゃないでしょうか。

あ、アジ骨のブログなのに・・・・
 

スカイツリーとアファイ

今日は作家のアファイこと、ヤウ・ティンファイが別件にて、浅草に来ました。

やったぜスカイツリー見る絶好のチャンス!とばかりに浅草まで、アファイに会いに行って来ました。

スカイツリーが目の前にそびえるホテルに押し掛けて、台本翻訳の調整をしました。

明日は川村美術館にリサーチに行くそうです。



「アジアの骨」第一回公演

---[ ○ ] A"lone"---ロン------------------- ★------------2012年9月7日(金)-9日(日) ★--------------------梅ヶ丘BOX---------- ★作:--------ヤオ・ティンフェイ(香港) ★翻訳:------------------------山崎理恵子 ★演出:-------------------------- 樋口ミユ ★出演:-------------内田亜希子/内田健介 ****************** ★2011年3月13日、東日本大震災の二日後に初演を迎えた衝撃の作品日本初上陸!! 【チケット予約】 こちらのタイムテーブルをクリック!
※2012年8月1日チケット予約開始 CoRich舞台芸術! FX比較 ファッション通販 買物代行

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
「アジアの骨」
性別:
女性
自己紹介:
新潟五十嵐劇場を拠点に活動してきた安達修子。大阪を拠点に活動してきた元劇団Ugly duckling座付き作家・樋口ミユ。北京・香港を活動の拠点にして来たE-RUN。到底出会いそうにない3人が東京で出会い、立ち上げたアジアの才能を発掘する演劇ユニット。

最新コメント

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター