忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

MODE 『逃げ去る恋』を、亜希子さん、ミユと見ました!!

昨日は、今回の公演の仮チラシを折り込みさせていただいているMODEさんの

『逃げる恋』を、内田亜希子さん、演出の樋口ミユと3人で拝見しました。

面白かったです!!

特に、女優の卜部さんにびっくり。

いままで『焼肉ドラゴン』でしか、拝見したことがなくて、
すごい勢いの方だなぁと思っていたら、今回は、本当に、全然違う人になっていて、
ま、女優さんなんで、当たり前なんですが、いやぁ、本当に素敵でした。

9日までやっているようなので、お時間ある方は、是非!

2時間あるとは思えない、緩急で攻められますよっ☆



『逃げ去る恋』


チェーホフ 『三人姉妹』より

[ キャスト ]
 西田薫、占部房子、山田美佳、大浦千佳、中河千晶、持塚温子、林咲希
 小嶋尚樹、宮島健、榎本純朗、佐藤亮介、大坂悠、松本修


[ 公演期間 ] 2012年7月5日(木)~9日(月)

[ 会場 ]   上野ストアハウス

 Time Table
7月 5(木) 6(金) 7(土) 8(日) 9(月)
14:00    
18:00      
19:00      

[ 料金(全席指定・税込)]
 一般3500円 / 学生2500円
 (学生はぷれいすのみの取扱い)
[ 前売り開始 ] 2012年6月1日(金)

● チケット購入・お問い合わせ
PR

ままごと『朝がある』に折り込みしました!!

Asa_kari0328asa_omote Asa_kari0416asa_ura

今日は、今、E-RUNの一番気になる作品の一つ 

ままごとさんの『朝がある』に仮チラシを折り込みさせていただきました!!

柴さんの作品は、まだ拝見したことがないので、見なきゃなぁ~と、

チラシを眺めていて、スタッフ見ると、なんと!!!

映像=浜嶋将裕
照明=小木曽千倉
音響=岩野直人(ステージオフィス)

と、あるでは、ありませんか!!!

私は、このお三方の世界がだーい好きなのです。

そして何を隠そう(かくしてないか・・・)、

私のE-RUNという芸名は、この方たちがKUDANProjectが

北京ツアーをしているときに名づけられらのであります。

いわば、名付け親達。

そんなスタッフ陣と柴さんのコラボ、これは見るしかない!

と、興奮しまくりで、
私達のチラシも折り込ませていただきました。
ということで、ついでに宣伝させていただきますわ。

* * * * *

「朝がある」

2012年6月29日(金) - 7月8日(日)

INTRO

作・演出
柴幸男

CAST
大石将弘

物販特典 文庫本『朝がある』できました

『朝がある』60秒CM 13作品 公開中

TIME TABLE
6月29日(金)19:30
6月30日(土)15:00/19:00
7月1日(日)15:00
7月2日(月)休演日
7月3日(火)19:30
7月4日(水)15:00/19:30
7月5日(木)19:30
7月6日(金)19:30
7月7日(土)15:00/19:00
7月8日(日)15:00

TICKET
全席自由/日時指定/整理番号付
【前売】一般 3,000円/財団友の会会員 2,700円
【当日】一般 3,500円/財団友の会会員 3,150円
【高校生以下】前売/当日 1,000円 (要学生証)
※未就学児はご入場いただけません。
※開演時間を過ぎますと入場を制限させていただく場合がございますのでご注意ください。
※高校生以下の方は、当日受付にて学生証の提示をお願い致します。

チケット予約

PLACE
三鷹市芸術文化センター 星のホール
〒181-0012 東京都三鷹市上連雀6-12-14
TEL 0422-47-5122

MAP
三鷹地図
※JR「三鷹」駅南口⑤番バス乗り場から「八幡前・芸術文化センター」下車すぐ。または⑥⑦番バス乗り場から「八幡前」下車1分。または徒歩で約15分。


STAFF
舞台監督=佐藤恵
演出助手=きまたまき
振付=吉村和顕
美術=青木拓也
映像=浜嶋将裕
照明=小木曽千倉
音響=岩野直人(ステージオフィス)
衣裳=藤谷香子(快快)
衣裳協力=URBAN RESEARCH
宣伝美術=セキコウ
記録映像=やまもとまき
制作=ZuQnZ [坂本もも/冨永直子]
製作総指揮=宮永琢生

企画制作
ままごと/ZuQnZ
(公財)三鷹市芸術文化振興財団(森元隆樹・森川健太)

主催
ままごと/(公財)三鷹市芸術文化振興財団





南河内万歳一座で、折込しましたっ。

今日は、本チラシに先行して、配布している仮チラシのバージョンアップバージョンを、

今週からザ・スズナリで劇団30週年記念公演をする南河内万歳一座に織り込んできました!!




実は、この南河内万歳一座は、ワタクシE-RUNの演劇の原点なのであります。

万歳の『唇に聴いてみる』の上海公演と北京公演で、お手伝い(なんと出演した!)をしなかったら、

今の私はない!!

この作品に触発されて、私は北京で、自主公演を始めたのです。

そして、そして!!!

なんと、E-RUNと樋口のさいっしょの出会いっつーか、

知り合うきっかけになったのも、万歳の制作さんのおかげなんですよ。

ってことは、万歳なしでは、[〇]a"lone" ロン の公演はなかったということです。

ということで、番外のお知らせします。

南河内万歳一座
30周年記念作品
「夕陽ケ丘まぼろし営業所」
東京公演

【会場】ザ・スズナリ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 TEL:03-3469-0511

【日時】2012年6月27日(水)〜7月1日(日)

 
6/27
6/28
6/29
6/30
7/1
 
(水)
(木)
(金)
(土)
(日)
15:00
 
 
 
19:00
 
 
 
 
19:30
 
 

 

【チケット取扱】
チケットぴあ(Pコード420-115) 0570-02-9999
ローソンチケット(Lコード32585)0570-084-005
劇場電話予約 03-3469-0511
万歳メール予約

さぁ!!

そして、[〇]a"lone" ロンの素敵な仮チラシもお見せしたいのですが、
私にはPDFをJPEGにする技がない・・・・。

もうちょい待っててください。

デザイナーさんにおねがいします。

チラシ撮影

仮チラシ、ちゃんと見て戴けてるようで、嬉しいです。

そんなに出していないのに、「見たよ」って言ってもらえると、

本チラシ作成に、俄然気合が入ります。
 
そして昨日は、気合入れながら、本チラシ用の撮影をしました。
 
因みに、今回、ご出演いただくのは、内田健介さんと内田亜希子さん、Wウッチーでございますが、単なる偶然です。
 
男性ウッチー、健介さんは、演出の樋口が、彼女の書いたラジオドラマを読んでいただき、一度はお芝居でご一緒させていただきたいと思っていた役者さんです。
 
女性ウッチー、亜希子さんは、演出の樋口が、柿食う客の『女体シェークスピア』シリーズを見て、一目惚れしてお願いしました。
 
とにかく、飛び切りの美女でして・・・
 
今日は、お写真撮る際に、カメラマンの岸本(草食男子)はモトより、
演出の樋口(アラフォーオヤジ系女子)、ヘアメークを手伝ってくれた二宮さん(20代セレブ女子)、そして、私E-RUN(アラフォーおばちゃん系女子)がみんなニヤニヤしておりました。
 

美人って人を楽しい気分にさせるんだなと。
 
今まで、男前の効能は知っておりましたが、ペッピンさんの効能も実感させていただきました。
 
さぁ、どんなチラシが出来上がりますか。
 
乞うご期待!!
 
ちなみに、私事ですが、今日は、新国立劇場の『サロメ』を見ました。
麻実れいさんの女王ぶりが、素敵でした♪

たぶん麻実さんの前世は女王様ですな。

あんなにふつーに女王できる人いないんじゃないでしょうか。

あ、アジ骨のブログなのに・・・・
 

「アジアの骨」第一回公演・仮チラシ完成!!

今日は、宣伝美術の岸本君の家で、まだまだ病みつきの樋口女史と私・E-RUNと三人で仮チラシを完成させました。

岸本君は京都造形大出身で、神楽をやっている雅イケメンです。

彼が神楽笛を吹いている姿は、まるでかぐや姫に求愛している若様のようです。(よーわからんな・・・)

そんな彼のセンスは、いつもとってもオシャレで繊細で素敵です。

が、今回のテーマは「アジア」ということで、太にして欲しいと、

ズブの素人の私が、わけの分からぬままに、イッチョマエに、えらそーに、

「ここはな~、こうして欲しいねん」とか、注文を付けまくり、(ちなみに今日はみんな関西人なんで関西弁炸裂でした。)

そんな、注文の多い私に馴れっこの、弱冠24歳の岸本君は、

それを何度も変えてくれて、とっても素敵な大満足の仮チラシが完成しました!!

さっすが岸本くん!

明日は、朝一で、自転車飛ばして、印刷に行くぞ~☆

とりあえずは、流山児★事務所と、ナカフラと、修子さんの芝居に折り込まれます。

「アジアの骨」第一回公演

---[ ○ ] A"lone"---ロン------------------- ★------------2012年9月7日(金)-9日(日) ★--------------------梅ヶ丘BOX---------- ★作:--------ヤオ・ティンフェイ(香港) ★翻訳:------------------------山崎理恵子 ★演出:-------------------------- 樋口ミユ ★出演:-------------内田亜希子/内田健介 ****************** ★2011年3月13日、東日本大震災の二日後に初演を迎えた衝撃の作品日本初上陸!! 【チケット予約】 こちらのタイムテーブルをクリック!
※2012年8月1日チケット予約開始 CoRich舞台芸術! FX比較 ファッション通販 買物代行

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
「アジアの骨」
性別:
女性
自己紹介:
新潟五十嵐劇場を拠点に活動してきた安達修子。大阪を拠点に活動してきた元劇団Ugly duckling座付き作家・樋口ミユ。北京・香港を活動の拠点にして来たE-RUN。到底出会いそうにない3人が東京で出会い、立ち上げたアジアの才能を発掘する演劇ユニット。

最新コメント

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター